スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
上婦負地域の議員さんは、なぜ一般質問しなかったのでしょうか? 
6月16日から30日まで開かれた6月定例富山市議会。

大震災後、初めて本格的に、市の見解をただすことができる本会議の一般質問。

私、赤星ゆかりは、大きな項目としては「東日本大震災と富山市の地震・津波等対策」と、
「まちづくりと市街地再開発事業」について質問。

中山さんは、「震災復興、税と社会保障の一体改革について」市長の見解をただしたり、
「国保と減免制度、無料定額診療」「奥田団地の耐震工事」
「自然エネルギーの本格導入と低エネルギー社会」について質問。

でも、いま36人いる議員のうち、今回、一般質問したのは14人。
こんな少ない議会はめずらしいでしょう?

気がついたら、旧富山市の議員ばっかりで、上婦負の議員さんはだれ一人質問しなかった!!
なぜ?

活断層の呉羽山断層帯は、八尾町北部から婦中町も通っているんですよ!?
いま、議会で言うことないなんて信じられない。
スポンサーサイト
 
へぇ~ 
質問しないということは、聞きたいことあがない、市のやっていることを全てベストと思っていらっしゃるのかな?要するにやりたいことが無い!といいことですかね。何のために議員さんになられてのでしょうか?

非公開コメント

トラックバック URL
http://yukariakaboshi.blog.fc2.com/tb.php/4-f9de7810
..

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。