スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パールハーバーで戦死した富山出身の17歳の少年飛行兵 
今日は12月8日。日本軍がハワイ、オアフ島パールハーバーを攻撃して太平洋戦争が開戦となった日。
富山でも反戦平和のつどいが開かれ、私も参加しました。
反戦平和のつどいDSC01574
今日の報告者は、富山県歴史教育者協議会の橋本哲さん。
「平和の願い空高くー真珠湾で戦死した富山の少年兵」と題して。
詳細に調査されたリポートを、たくさんの写真をパワーポイントで映し出しながら報告してくださいました。

日本軍の攻撃で犠牲になったアメリカ太平洋艦隊と市民は2402名、うち一般市民103名。
日本軍機動部隊の戦死者55名。
その中に、富山県婦中町、八尾町(現在富山市)出身の、武田友治さん17歳がいた…。

身近な、それも17歳という少年、今でいうと「児童」にあたる若者が…。
戦争の真実を、もっと知らねば、もっと知ってもらわねば、とあらためて心にずしんと来ました。

スポンサーサイト
 

非公開コメント

トラックバック URL
http://yukariakaboshi.blog.fc2.com/tb.php/30-7b16b9ac
..

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。