スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東北に行ってきました!! 岩手 釜石・大槌へ…その① 
21日は台風に用心して、22日の早朝6時に出発。
民医連の若者の車に乗せていただいて、途中、福島で渋滞がありましたが、
午後4時頃、遠野市にある日本共産党の支援センターが借りている倉庫に無事到着。
農協の倉庫


各地からの支援物資がたくさん届けられ、日本共産党の遠野市委員会の向いの倉庫が手狭になったため、農協の支所の統廃合で使わなくなった倉庫を借りたのだそうです。

着いたらすぐに、お仕事です。
まずは、前日に「お茶っこ」(お茶を飲みながら要望を聞く懇談会)に使った道具をトラックから降ろします。
トラック荷卸し

前の日、雨が降ったので、段ボールが濡れていて箱がくにゃくにゃ。
茶碗や急須などが入った箱を、底が抜けないように注意しながらせっせと降ろします。

今度は明日の無料青空市のための支援物資を積み込みます。
米は2キロずつ量って小袋にわけておきます。
明日は約60戸ある雇用促進住宅へ行くので、全世帯に行き渡るくらいの数を用意します。
お米の小分け

食料品では、米、じゃがいも、タマネギ、かぼちゃが倉庫にいっぱい!!
また、作業中に花巻の新婦人の方が、新鮮な野菜をたくさん届けてくださいました。
なす、きゅうり、ゴーヤ、モロヘイヤ、ピーマン、赤ピーマン、にら、栗…。

その他物資は、洗剤、台所用洗剤、ティッシュ、トイレットペーパー、生活雑貨、食器、衣料品、毛布、電気毛布、湯たんぽなど。
富山から、みなさんの募金で、アニマル湯たんぽ105個持っていきました。
寄付いただいた商品券もあったので、女性用靴下を32足購入してお届けしました。
みなさんのご協力ありがとうございます!!!

釜石の深沢さん
写真右から二人目の、トラックの荷台にいる人が、釜石の深沢さん。
現地での救援活動のリーダー的存在、25歳の若者。
いちばん左の人は、救援オルグ派遣で上越から来ておられる阿部さん、
左から二人目は、富山地区から派遣の中田さん。
右は富山市議の中山さん。

トラックに積み込みが終わったところで日が暮れて、本日の作業は終了。

遠野市委員会の事務所近くにある、街の銭湯に行きました。
亀の湯さん外観

あの映画「おくりびと」に出てきたような、小さな、昭和の渋い、いい感じの銭湯です。
こんなタイルの鏡もあったりして。
銭湯のタイルの鏡

銭湯には、ボランティアに来ているらしき若者も、いっぱい入りにきていました。

男性は党の事務所の2階に、女性は別に借りている民家に宿泊。
明日に備えて10時半ごろ就寝です。


スポンサーサイト
 

非公開コメント

トラックバック URL
http://yukariakaboshi.blog.fc2.com/tb.php/20-0c754fc1
..

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。