スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
整備費用どこまで膨らむ?! 富山市のガラス美術館 
今日の富山市議会では、中山雅之議員が所属する総務文教委員会を傍聴。

中山さんは市が整備するガラス美術館について質問。

さっきもツィートしましたけど、6階の700㎡の「グラスアートガーデン」をアメリカの著名現代ガラス作家デイル・チフーリ氏に制作依頼して、どんなものができてくるかわからないものに、限度額約4億1千万円、さらに、耐震対策や維持管理費もどうなるかわかりません。

整備費用はどこまで膨らむ?!

富山市がガラス美術館と図書館本館にするために
再開発ビルの床を買うのに85.5億

特殊造作家具や照明に3億
展示に1.1億

「グラスアートファサード」のための作品購入に2千万

アメリカ著名作家に空間芸術制作依頼4.1億で計96億円!

さらに耐震対策や権利床賃借料などまだわからない!

再開発補助金も56.9億円!

だから、合計で約153億円まで来ました!!!



中山さんが「市民に説明もできないものに」「全体の総事業費がいくらかかるのかもわからない」「全体としての財政困難ななかで市民の切実な要求には『お金がない』と、願いが届かない」と反対討論。

他に質問者もなく、自民党の政調会長 八尾の金厚議員が「発信力を持たせるために」
「準備をすすめるべきだ」などと賛成討論して賛成。

民主・公明は質問も討論もなくだまって賛成。

いいのか、それで!!!



#富山市 #ガラス美術館 #中山雅之 #富山市議会 #日本共産党 #金厚有豊

スポンサーサイト
 
承認待ちコメント 
このコメントは管理者の承認待ちです

非公開コメント

トラックバック URL
http://yukariakaboshi.blog.fc2.com/tb.php/133-3a8b97cc
..

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。