スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
学校給食調理員こんなに減らして「現場がまわらない」から民間委託とは?! 
いい天気だなあ。

みなさんは3連休、いかがお過ごしですか。

どこか、行きたいなあ。

でも今日は、24日の9月議会最終日に向けて、

討論の原稿を作成しています。



調べたこと、集めた資料、過去の議会論戦など、

確認しながら、問題点を整理するには、

出かけないで落ち着いて、

集中する時間が貴重です。



さて、その中で、

富山市が学校給食の正規調理員さんの

採用をここ3年間やめていることによって、

「臨時職員が増えて現場がまわらない」から、

民間委託する、というのは、

どう考えても本末転倒、

間違った方向だと思います!!!



そこで、どれぐらい職員が減らされてきたのか

資料請求して、ビックリです!!!

下記の表をごらんください。


【調理員】職員数の推移PNG_convert_20130921144939


さらに、正規職員の年齢層別構成です。


【調理員】年齢別PNG_convert_20130921145011


7市町村合併した2005年の4月1日現在、

231人
だった正規職員の調理員は、

8年後の今年2013年の4月1日現在、

139人
、なんと、

4割も減っている!!!



「現場がまわらない」ほど職員を減らすことが、

なぜ「定員適正化」計画なのか。

市は「お金がない」といい、

人件費を減らしたいからです。

なにやら、中心部の大型再開発や、

きらびやかな演出には最優先でお金を使っていますが。

子どもたちの給食を作る正規職員を採用できないなんて。



「行政改革」だーと言っては、職員を減らす。

それのどこが「改革」じゃ!?

結果としてしわ寄せは、市民に来るのです。




スポンサーサイト
 

非公開コメント

トラックバック URL
http://yukariakaboshi.blog.fc2.com/tb.php/108-715bc89e
..

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。