スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
子ども医療費助成「入通院とも中3まで所得制限無しで窓口無料に」の請願に自・公・民が反対! 
子ども医療費助成─

入通院とも中3まで

所得制限無しで窓口無料に!



4月の市議選でも公約しました。



市議選後初の定例議会で、

6月21日の本会議で、

さっそく一般質問しました!


赤星ゆかり6月議会一般質問


この中で、

「償還払いの申請手続きが

保護者の負担になっている

とは思いませんか?」
との

質問に、

市長は何て答弁したと思います?



「負担は負担でしょうが、

補助をもらうのだから、

それぐらいはやっていただきたい」




加えて、

市役所や地区センターが開いてる時間に

申請に行くのはなかなかたいへんですから、

しかも、手続きの負担や、

月1000円の自己負担分を差し引くと

戻るお金が少ないため、




「申請しない人が少なくないのではないか?」

との質問に、福祉保健部長が、

「申請されない方があるかもしれないが、

それは自己責任、自己決定だ」
などと答弁。

こりゃあヒドイね!!



富山市は、

「お金を出してやるからありがたく思え」

「もらいに来ないやつが悪い」
とでも

言いたいのでしょうか?!



そんな、仕事休んで市役所に申請しないとお金が返らない

めんどうな制度にしておいて、

「自己決定・自己責任」とは!



「補助をもらう」とか「あげる」のではなくて、

子育ての負担軽減のために、

市の施策としてやっているんでしょう?




だいたい、市長のお金でも

部長のお金でもないでしょう!!!





今日の市議会厚生委員会で、

「子ども医療費助成を通院でも中学3年生まで拡大し、

所得制限・一部負担金をなくして

窓口無料にすることを求める請願」
が審査され、

中山まさゆき議員が「採択」を求めて賛成討論。

これに対して、

自民党・市田議員が「不採択」にすべしと反対討論。



採決で、


「採択」に賛成は、日本共産党の中山委員のみ。


自民・公明・民主は反対しました。


☟ 中山市議と私、赤星が紹介議員になった請願

子ども医療費請願DSC06919_convert_20130625153547

この前、公明党が一般質問で、

「窓口での対応を求める」とか

「手続きの簡素化」とか言われましたが、



「通院でも中3まで拡大し、

所得制限・一部負担金をなくして

窓口無料にしてください」の請願に


反対しましたよ!




理由をお聞かせ願いたい!



スポンサーサイト
 

非公開コメント

トラックバック URL
http://yukariakaboshi.blog.fc2.com/tb.php/100-d135eef7
..

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。