スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
岩手 釜石・大槌へ…その③ 津波被害 
雇用促進住宅での無料青空市が終了、後片付けをしてから、
釜石と大槌の沿岸部の津波被災地へ向かいました。
日本共産党の救援活動では、支援ボランティアに来た人たちに必ず被災地を見てもらうことを大事にしています。

釜石港には、こんなに大きな船が防波堤の上に乗っかったままです。
防波堤と船がかみ合ってしまっています!!!
亜細亜号3
亜細亜号
亜細亜号2

釜石市から大槌町へ。

海の近くにある小学校。
津波と火災でこんな姿に…。
大槌小学校

小高い山の上に、墓地の公園がありました。
ちょうどお彼岸で、お墓参りに来ている人たちがたくさんいらっしゃいました。
山の上が大槌町の中心部を一望できる公園で、山の斜面にたくさんのお墓があります。
お弁当を広げて食べている家族連れもいます。
みなさんの胸中はいかばかりか…。

山の上から見える、大槌町の中心部です。
湾の左のほうに小さく見えるのが、井上ひさしさんの「ひょっこりひょうたん島」のモデルになった島です。
大槌町全景

山から降りて再び旧市街地へ。
大槌町役場の前に着きました。
大槌町役場正面

正面玄関の右側の部屋は、天井にシャンデリア風の電気が残っているので、応接室だったのでしょうか。
左の部屋の入り口には、自動扉のガラス戸が残っているので、
町民のみなさんが、住民票や各種手続きに来ていた窓口だったのでしょうか。

言葉もなく、涙が溢れて、止まらなくなってしまいました。
大槌町役場玄関


町長さんが、この庁舎で対策会議を開こうとしていたところ、津波にのまれてしまった…。
町の職員は、最後まで防災無線で、町民に避難を呼びかけて、津波にのまれてしまった…。

ほんとうに痛々しい姿。

瓦礫は取り除かれていましたが、建物の中は泥だらけで、
壁にいくつも赤い丸が描いてありましたが、それは、遺体が発見された場所だということです。

時が止まったような役場の庁舎前に、ひまわりが一本育ち、花を咲かせていました。
津波でへし曲げられたアルミの窓枠に、朝顔がツルをからませ、花を咲かせていました。
役場の朝顔




被災地を案内していただいたあと、釜石の党東部地区委員会事務所にもどり、
明日の打ち合わせをして、遠野市まで戻ります。
釜石の党事務所近くで、名前はわかりませんが、ぶどうの仲間?
実の色がきれい。
ぶどう?

午後の釜石〜遠野の風景です。
稲はまだ収穫前で、富山よりも少し黄緑色が残った黄金色をしています。
農協からお借りしている支援物資の倉庫に行って、また明日の青空市の準備にかかります。
遠野の午後

昨夜遅くに到着した、松本市、大町市からの5人のみなさんといっしょに作業。
長野の中信地区からの、支援物資を積んだトラックから、荷物を降ろします。
りんご箱を持っている赤いジャンパーの女性は、前松本市議の藤沢のり子さん、
トラックの荷台の上で作業中の帽子をかぶった男性は、大町市議の平林英市さんです。
中信からの物資

明日は、約15戸ぐらいの、山の中の集落に行く予定だそうです。
米を量り小袋に入れ、届いたばかりのコタツや、新しい鍋、
ウールマーク付きのマフラーや電気毛布など、
今日の経験もみんなで話し合って、
何がいま求められているか、何を持って行くか話し合いながら準備を進めました。

そんな作業中に、松本から新鮮なレタスが4箱届きました!!
レタス

今日の作業を終えたころ、今度は長野から10人のボランティア隊が到着!!
ワゴン車2台から人がたくさん降りてきて、
車の中のその他の空間は、支援物資でぎゅうぎゅう詰めです。

この後、石川、福井チームも深夜に到着、
津幡町から「私にも何かできることがあれば参加したい」と、
一人で列車に乗ってこられた女性とも合流しました。
この方は赤旗日曜版の読者で、日曜版に折り込まれたビラを見て参加されたそうです。
そうです、この支援ボランティアには、どなたでも参加できます。

翌24日は朝5時に遠野を出発して、富山への帰路に。
台風で出発を1日遅らせたので、帰りは早朝の出発となりました。
美しい夜明けを後ろに見ながら。
行きは荷物でいっぱいだった車の後部は、すっかりからっぽです。
遠野の夜明け

郡山ジャンクションから磐越道に入り、今日は会津磐梯山がきれいに見えました。
会津磐梯山

米山SAからは日本海が青くて奇麗。
しかし遠くに、あれはもしかして東京電力の柏崎刈羽原発ではありませんか!!
米山から柏崎刈羽原発

遠野を出てから約10時間で富山に到着。
東北の産品を買わねばと、
休憩した前沢SAでは南部煎餅と青なんばんみそっこきゅうり、
安達太良SAで、福島の桃を買いました。
東北限定「ずんだ」プリッツは、中山さんちのお気に入りだそうで、
1個わけてもらいました。なるほど、なかなかおいしいですね!!
南部煎餅と福島の桃
東北のおみやげ

被災地はこれから寒さ厳しい冬に向かいます。
日本共産党の救援ボランティアは、年内は12月10日継続を決定。
富山地区からの次の派遣隊は、10月13日の夜9時に出発し、16日まで現地で支援の予定です。
ぜひご参加ください。
私も、できる限り、再びボランティアに行きたいと思っています。

今回の東北行きにあたって、募金や支援物資、激励の言葉など、
あたたかいお気持ちをお寄せくださったみなさん、あらためて、ありがとうございます。
ひきつづくご支援を心からお願いいたします。

被災されたみなさんの暮らしと生業が1日も早く安心できるものになることと、
被災地の復興を心からお祈りしいたします。


スポンサーサイト
岩手 釜石・大槌へ…その② 
日本共産党の無料青空市 

朝5時過ぎ、二階の窓を開けると、霧につつまれた遠野の朝の風景です。
遠野の朝

遠野から車で約40分、釜石市にある日本共産党の東部地区委員会に着きました。
右から二人目の方が、地区委員長の深沢さんです。
きのうの、深沢青年のお父さんです。
東部地区委員会は、釜石市、大槌町、遠野市を担当しています。
釜石東部地区委員会

昨夜到着した、松本市、大町市からの人たちといっしょに、こちらで、青空市の説明、注意事項など、ガイダンスをうけました。

日本共産党の「無料青空市」は、99カ所ある仮設住宅や、雇用促進住宅などをまわり、
週に5日開いています。
市街地のわりと大きな仮設住宅団地には、全国からいろんなボランティア団体などが入って支援物資も届いているけれど、小さな団地や、山の中の集落には、ほとんど手が届かず、
この共産党の青空市がとても喜ばれているそうです。

おもに仮設住宅などで青空市を開いてきたところ、
雇用促進住宅にもたくさん被災者の方々が入居しておられ、
「雇用促進でもやってよ」との要望があり、それに応えて今回の開催となりました。

青空市ビラ

事務所を出てから、釜石駅前を通り、商店街を通過。
商店街に残っている建物のほとんどが、2階までは津波で破壊された痕があり、壊滅状態です…。
商店街1

7月にも来た中山さんによると、瓦礫は少しかたづいてきたようだけれども、その他はほとんど変わっていないと。
7月に来たときには、まだ、駅前の信号機が復旧していなくて、手信号だったそうです。
いまは信号機は動いていました。

仮設住宅。
仮設時住宅

車から、青い海が!!
今日はこんなに静かで美しい海が、あの日大津波に…、と思うと、とても複雑です。
青い海!

今日の会場の雇用促進住宅に着きました。
雇用促進住宅

隣には県営住宅もあり、近くの川沿いには仮設住宅もあります。
わずかな平地を利用するように、あちこちに仮設が建てられています。

青空市の準備です。
団地の中庭に、まずブルーシートをひろげ、
入り口から、米、野菜、洗剤、ティッシュ、食器、衣類など、並べていきます。
中山さんは米・野菜、私は衣類や毛布や湯たんぽの担当です。
米、野菜

上越の阿部さんから、挨拶をして、10時半に青空市開始。
昨日のうちにお知らせのビラが入っているので、たくさんの方が開始前からおいでになり、
列をつくって待っていただきました。
青空市開会あいさつ

富山から、みなさんの募金で、アニマル湯たんぽ105個持っていきました。
この湯たんぽ、みなさんに「かわいい~」と好評でした。
2個3個と持っていこうとする方が続出でしたが、
一人でも多くの方にお届けしなければいけないので、申し訳ないですがお一人一つずつとさせていただきました。

最近、急に寒くなってきたので、安全な暖房具や毛布、
冬物衣料などがほんとうに必要なんだな…。
アニマル湯たんぽ青空市にて

ご寄付いただいた商品券もあったので、富山大和で女性用靴下を32足購入。
元富山市議の堀口清子さんが、靴下選びにつきあってくれました。
「足もとを華やかに」と、できるだけ明るい感じの、花柄、蝶柄、フルーツ柄などのデザインの靴下を選びました。
これもみなさん喜んで持っていっていただけました。
大和の靴下

寒くなってきたので、毛布や電気毛布がとても喜ばれ、あっという間になくなりました。
杖をついて出てこられたおばあちゃんは、
「寒くなってきたから秋物冬物着ようと思ったら、(津波で流されて)なにもないのね…」とつぶやかれました。
少しの時間でしたが、津波ですべて流された方々の生活に直にふれ、ほんとうに胸が痛みました。
青空市全景

青空市が終わり、後片付けをしていたところ、
さきほど青空市に来ておられた60歳前後の男性が、冷たいお茶を私たちの人数分買って、
「ありがとう」と言って差し入れにもってきてくださいました。
こちら、一同、恐縮! かえってありがとうございます。
いい天気になり、暑かったので、いただいた冷たいお茶、たいへんおいしかったです。

その男性は、観光バスの運転手をされていたそうですが、津波で家も仕事も失いました。
雇用促進住宅への入居は、6ヶ月の期限が延長され、それでも2年までとされているそうです。
でも、2年経ったって、家を建てたりできる人はどれだけいるのでしょうか。
期限を切られて、安心して暮らせるでしょうか。
落ち着いて暮らせるように、国は責任を果たすべきだと、腹の底が煮えくり返る思いがしました。

また、その方は、「釜石東中学校のすぐ下まで、田んぼは塩水に浸かっている」と話され、
私たちが、「ああ、あの中学生が率先して避難してみんなで助かった釜石東中学校ですね!」と言うと、
「そうだ、中学生が逃げるの見てたんだ、んで、避難場所まで行ったけども、中学生が『だめだーっ』『もっと上だー』って言って、もっと上まで逃げたんだ」「後ろを見たら、あっちからもこっちからも家が流れてきてた」と、
ときどき目が赤くなり、つまりながらも、話してくださいました。
午後から被災地を見に行き、その釜石東中学校と、鵜住居小学校のあった地区も通りました。
つらい思いをされたのに、思い出し、お話を聞かせてくださったみなさん、ほんとうにありがとうございます。


東北に行ってきました!! 岩手 釜石・大槌へ…その① 
21日は台風に用心して、22日の早朝6時に出発。
民医連の若者の車に乗せていただいて、途中、福島で渋滞がありましたが、
午後4時頃、遠野市にある日本共産党の支援センターが借りている倉庫に無事到着。
農協の倉庫


各地からの支援物資がたくさん届けられ、日本共産党の遠野市委員会の向いの倉庫が手狭になったため、農協の支所の統廃合で使わなくなった倉庫を借りたのだそうです。

着いたらすぐに、お仕事です。
まずは、前日に「お茶っこ」(お茶を飲みながら要望を聞く懇談会)に使った道具をトラックから降ろします。
トラック荷卸し

前の日、雨が降ったので、段ボールが濡れていて箱がくにゃくにゃ。
茶碗や急須などが入った箱を、底が抜けないように注意しながらせっせと降ろします。

今度は明日の無料青空市のための支援物資を積み込みます。
米は2キロずつ量って小袋にわけておきます。
明日は約60戸ある雇用促進住宅へ行くので、全世帯に行き渡るくらいの数を用意します。
お米の小分け

食料品では、米、じゃがいも、タマネギ、かぼちゃが倉庫にいっぱい!!
また、作業中に花巻の新婦人の方が、新鮮な野菜をたくさん届けてくださいました。
なす、きゅうり、ゴーヤ、モロヘイヤ、ピーマン、赤ピーマン、にら、栗…。

その他物資は、洗剤、台所用洗剤、ティッシュ、トイレットペーパー、生活雑貨、食器、衣料品、毛布、電気毛布、湯たんぽなど。
富山から、みなさんの募金で、アニマル湯たんぽ105個持っていきました。
寄付いただいた商品券もあったので、女性用靴下を32足購入してお届けしました。
みなさんのご協力ありがとうございます!!!

釜石の深沢さん
写真右から二人目の、トラックの荷台にいる人が、釜石の深沢さん。
現地での救援活動のリーダー的存在、25歳の若者。
いちばん左の人は、救援オルグ派遣で上越から来ておられる阿部さん、
左から二人目は、富山地区から派遣の中田さん。
右は富山市議の中山さん。

トラックに積み込みが終わったところで日が暮れて、本日の作業は終了。

遠野市委員会の事務所近くにある、街の銭湯に行きました。
亀の湯さん外観

あの映画「おくりびと」に出てきたような、小さな、昭和の渋い、いい感じの銭湯です。
こんなタイルの鏡もあったりして。
銭湯のタイルの鏡

銭湯には、ボランティアに来ているらしき若者も、いっぱい入りにきていました。

男性は党の事務所の2階に、女性は別に借りている民家に宿泊。
明日に備えて10時半ごろ就寝です。


富山市議会、議会中継すぐやるべき 
明日9月20日は、富山市議会9月定例会の最終日です。

中山さんと手分けして、議案に対しての討論をするので、今日はずっと原稿を準備していました。

議会最終日の前日は、いつも徹夜になってしまいます!!

今日、あるサイトをみていたら、次のようなご意見がありました。
「再開発=活性化=失敗しないという図式から、何年たったら抜けきれるのか、疑問」

私もそう思いますね!

また、次のようなご意見も。
「富山市がやることに誰もが何でも賛成。これって普通ですか?」

普通じゃないですね!!

富山市議会では、自民党・民主党・公明党・社民党の会派は、
これまで市長の提案にはなんでも賛成ですが…。

私たち日本共産党は、おかしなことには反対、いいことには賛成しています。
不十分かもしれませんが、ちゃんと反対・賛成の理由を討論で述べます。
そのために、議案を調べて、いろいろ調べて、人の意見もきいて準備をします。
当たり前ですけど。

ぜひ、市議会で、だれがどんな発言をしているか、あるいはしていないか、
だれが何に対してどんな態度をとっているか、傍聴して、見ていただきたいです。
討論傍聴お知らせ_convert_20110919230644

しかし、いまだにインターネットでもケーブルテレビでも、
議会中継をしていない富山市議会は遅れすぎています。

すぐにでもやるべきなのに、何年も前からそう言われているのに、
最大会派の自民党が先日も「長期的な課題」といって、
やろうとしないでいるのです。

もはや議会中継は「長期的な課題」なんかじゃないっっ!!!





被災地へお届けする、湯たんぽの見本届く! 
湯たんぽの見本です。
赤いのがお湯を入れるゴム製の容器で、どうぶつのぬいぐるみ風カバーがついています。

湯たんぽ見本

↑「アニマル」で思い出した!!
もう何年も前、自民党のある議員のおじさんが、議会の一般質問で、
「富山市として、高齢者向けの法律アニマルを作ってはどうか」と質問していた!!
もちろん、“マニュアル”のことね。

それはおいといて…。

見本の湯たんぽは1個300円。
これに、お気持ちを合わせて、一口500円のワンコイン募金を募集しております。
さっそく、今日、「湯たんぽ10個分」の募金とメッセージをお預かりしました!!
ありがとうございます。

中山さん湯たんぽ_convert_20110915160700

↑ 中山さんに、湯たんぽを持ってみてもらいました。(中山さん、照れておられます。)
写真は、富山市議会の議員控室で。

被災地のみなさんに、少しでも、あたたかさと気持ちのホッとできるもの、お届けしたいです。


被災地に行きます。湯たんぽ募金にご協力を! 
9月議会が終わったら、被災地の支援ボランティアに行ってきます!!

日本共産党が全国で手分けして行っている支援の中で、
富山県の担当地域、岩手県の釜石市や大槌町のほうに行く予定です。
被災地へ行くのは、私としては、4月中旬の仙台以来です。

そこで、中山さんらと相談して、支援物資にご協力をお願いするビラを
先週つくりました。

湯たんぽ募金ビラ黄JPEG

寒くなるので、湯たんぽを届けようと。

なかなか長期間で行けないのが申し訳ないのですが、
今後もできるだけ、現地に行きたいと思っています。
行けないときも、なんらかの支援をしていきます。

湯たんぽのほかにも、こたつや電気毛布、食料品や調理用具や冬物衣料、
冬物寝具なども求められています。
もちろん、救援募金も引き続き募集しています。

もし、これを見てくださった方、ぜひぜひご協力をお願いします!!

ご連絡は日本共産党富山地区委員会まで
TEL 076−441−3001
FAX 076−442−1914
mail kyosan-t@pk.ctt.ne.jp 

富山市のフラワーハンギングバスケット 
富山市の市役所前の通りや市電環状線「セントラム」沿線に、こういうフラワーハンギングバスケットが飾られていますが、
いったいいくらかかっているか?!
ハンギングバスケット1_convert_20110914214755


今日確認したところ、全部で183基で、年間予算は5750万円とのことです。

ということは?
1基あたり、年間約31万円かけていることになります。
以前、もっと高かったのですけれど、
これだって、すごくないですか!?

わざわざ手が届かない高い場所にくっつけているから、
業者さんだって、手間がかかってたいへんなんです。


それにひきかえ、県道や市道の街路樹の根元のマスに、
地元町内会などにキバナコスモスやマリーゴールドの種を渡して
種まき、水やりをボランティアでお願いしている事業の方は、
24路線で、草花の無料配布なども含めてだそうですが、
年間予算は90万円です。
前年度100万円だったのが、財源がきびしいとかで今年度は90万円に。

猛暑の中、町内の役員さんはじめ、
水のないところへ自宅からペットボトルやバケツやジョーロにくんだ
重たい水を運んでは、毎日、朝夕、水やりしておられるのです。
猛暑の昨今、とくに枯れないように気を配るのはほんとうにたいへんです。

両方とも、富山市の事業です。
私は、税金の使い方がおかしいと思います。
(「フラワーハンギングバスケット」で
富山市議会会議録http://asp.db-search.com/toyama-c/を検索すると、
この問題についての中山さんと私の反対討論が見られます。)

いいことはいいけど、おかしいことはおかしい!!
これからも、市議会で発言し続けます!!
どうなんでしょう 富山市の中心市街地再開発 
今年、大人になってからは、初めて植えた朝顔ちゃんです。
緑のカーテンに挑戦して。

お盆までは、ツルばっかりがどんどん伸びて、
お盆過ぎに初めて花が咲いた!

だんだん夜が長くなり、涼しくなってきた今日この頃は、
毎朝20から30もの青い花を咲かせてくれています。

私は、青い朝顔がいちばん好き!!

朝顔ちゃん


いま、9月議会中です。
市長から提出されている議案のうち補正予算の中に、
「総曲輪西地区」市街地再開発の補助金が初めて出てきました。

総曲輪通りの西側の「短い」ほうの総曲輪通りの南北をほとんど、
立体駐車場、シネコン、ホテル、マンション、少しのお店などに造りかえる計画。

今回の補正予算の額は7480万円(国3740万円、県と市1870万円ずつ)ですが、
2011年度から2014年度まで、総事業費が約74億4千万円、うち、国と県と市の補助金が約37億5千万円と出ました。

確かに、かつて、映画館がいくつもあり、賑やかだった総曲輪や中央通りや西町から、映画館がなくなり、さびしくなっています。

いま、郊外のファボーレだとかイオンとかでは、日曜日の朝にしても、映画が1000円の日にしても、すんごいお客さんが切符売り場に並んでいます。
そのあと、レストラン街にも、結構お客さんが並んでいます。

「なにかしなくては」と、「中心市街地に映画館を」と、ご努力されている地元の関係者のみなさんのお気持ちを否定するものではありません。

その、なにかするうえで、こんなに補助金が出る制度を活用したい、という気持ちも、そうなんでしょう。

街の中に映画館ができて、休日に映画など観て、お買い物して、
帰りに食事やお酒と会話や出会いを楽しむ、そんな楽しい街によみがえれば…。

でも、でもです。
いいのだろうか?
74億円のうち35億円、半分以上を税金で補助するシネコンにホテルに駐車場にマンション…。
残りの約半分が、シネコン興行会社や駐車場会社やホテル会社などに“保留床”を売却するお金。

これまでの再開発の例では、地元の商業者で続けたいひとは、最初は再開発後の建物に入ったとしても、
営業を続けるのは非常に厳しくなって…という事例をいくつもきいています。

そうなると、富山市の“中心商店街”は、
いつしか、県外の大手企業だけが商売をするようなところになってしまったらどうしよう、
再開発後の施設が将来老朽化して、再々開発するときはどうするのだろう、
分譲マンションなんかは、再々開発はどうやってやるのだろう、
などと、私は眠れなくなってしまうのです。

とくにいま、被災地の復興に、全力をつくさないといけない時。

富山市内では同時並行しての大規模な再開発事業がいくつも動いています。
国にも県にも市にも、そんな余裕があるのだろうか。
税金の使い方としてどうなんだろうか。
まちづくりのあり方として、どうなんだろうか。


「議会改革」程遠い富山市議会 
9月2日、富山市議会の各派代表者会議が開かれました。
議題の中で、「『会議出席費用弁償』について」がありました。
「議会改革」について、私たち日本共産党から出した意見のうちのひとつです。

「会議出席費用弁償」とは!?

議会の会議に出席した場合、富山市議会の場合、
1日一律4000円が支給されているんです。 
毎月定額の議員報酬があるにもかかわらず、です。

議会の会議に出るのは当たり前の、議員として最も公式の仕事でしょう。
なのに、会議に出たら、報酬とは別に1日4000円支払われているのです。

私たち日本共産党は、何年も前から、
廃止または交通費の実費相当に改めよ、と言ってきました。

全国でも、そういう議会が増えていると聞きます。

当たり前ですよね!!

ところが、9月2日の各派代表者会議では、私が
「月額の報酬をいただいている。議会の会議に出るのは議員として当たり前の仕事。
それなのに、会議に出るだけで一律1日4000円を支給する。
現状のままというのは、市民のみなさんの理解が得られない」としつこく申し上げたのに対し、
自民党の会長さんは「見解の相違。現状でいい」とぶっ放した。

これに対し、自民党から7人ぐらい出ている議員の諸氏も、
公明党、民主党と民社協会の民政クラブ、社民党の代表者も、まったくだんまり、
ひとことも発言しませんでした。

なにか、だれか、怖いものでもあるのでしょうか!?

さらに、自民党の会長さんが「あの、議論すると長くなるんで」と言って、
議長がそれで議論うちきり!!
こういう問題を真剣に議論しないで、どうして「議会改革」などできるのでしょうか!!!

所属議員2人の日本共産党は各派代表者会議にはオブザーバー参加です。
意見は言えるけど、議決権が与えられていません。

自民、公明、民政クラブ(民主・民社)、社民党が、
会議出席費用弁償は「現状のままでよい」と決めてしまいました。

だいじなことの議論は避けたい模様。

「議会改革」など、程遠い、富山市議会です!!!

みなさん、いっしょに怒ってください!!!!!
..

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。